リバウンドしない方法を知ろう~正しいダイエット法ゲット~

シミを改善

メラニン色素の酸化や発生を防ぎます

シミは、メラニン色素が酸化して茶色に変色していくことでできます。そのため酸化を防ぐ作用のある抗酸化物質を摂取すれば、変色も防がれるのです。 また、薬にはメラニン色素の発生を抑えるトラネキサム酸があります。服用することで、メラニン色素自体が作られにくくなるので、シミの発生も抑えられるのです。 現在は、30年ほど前と比べると紫外線量が10%ほどアップしています。そして、今後はさらにアップしていくと言われています。紫外線を浴びることでメラニン色素が多く作られるので、上記の健康食品も薬も、需要が高まっていくと予想されています。

ターンオーバーを促すことが大事

既にできてしまっているシミも、健康食品や薬によって薄くすることが可能です。とはいっても、これらがシミに直接働きかけるわけではありません。茶色く変色した肌は、ターンオーバーによって徐々にはがれていきます。そのため、下から白い肌が出てくれば、シミはなくなります。もちろん下から出てくる肌が既に変色していれば、シミは消えません。そしてそれを防ぐために有効なのが、健康食品や薬ということです。 しかし健康食品や薬で予防をしても、ターンオーバーがおこなわれなければ、やはりシミは消えません。そのため、予防だけでなくターンオーバーを促すためのケアも必要になります。予防とターンオーバーの促進の両方をおこなうことで初めて、シミのない白い肌作りが成功するのです。